FC2ブログ

* Archive * Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇パーティションの追加
# parted /dev/sda
(parted) unit MiB
(parted) print
最後のパーティションの終了位置を確認

/dev/sda5の追加(10GB)
(parted) mkpart
パーティションの種類? logcal/論理? l (頭文字のみでも可)
ファイルシステムの種類? [ext2]? ext4
開始?  (最後のパーティションの終了位置を指定)
終了? (開始 + 10240)

確認
(parted) print
ディスクの削除
(parted) rm 5 ←printで表示された時の番号を指定

終了
(parted) quit


◇RAWデバイスの設定

1.ファイル“/usr/lib/udev/rules.d/60-raw.rules”を編集
(サーバの再起動後も作成したrawデバイスを使用できるように)

# vi /usr/lib/udev/rules.d/60-raw.rules
以下を追記
## 作成したrawデバイス“/dev/raw/raw1”を永続化
ACTION=="add",KERNEL=="sda5",RUN+="/bin/raw /dev/raw/raw1 %N"
## RAW デバイスに所有者とアクセス権限を設定
ACTION=="add",KERNEL=="raw1",OWNER="root",GROUP="root",MODE="0660"

2.ルールの適用
# udevadm trigger --action=add

3.RAW デバイスが作成されたかどうかを確認
# raw -qa
# ls -l /dev/raw
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。