FC2ブログ

* Archive * Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Linkexpressクラスタ導入

■Linkexpressのプロセス監視

状態遷移プロシジャの修正箇所

プロセス監視シェル:/opt/FJSVlnkexp/SAMPLE/CLUSTER/link_mproc

以下のコメントを外す
# PID2=`grep f3eatdmn $LNK_PID_FILE | awk '{print $2}'` 」

アクセス権
# cd /opt/FJSVlnkexp/SAMPLE/CLUSTER/link_mproc
# chmod 755 switch.FJSVlnkexp

■状態遷移プロシジャの登録
1.RMSの初期設定(運用ノード)

2.GLSリソースの初期設定(運用ノード)

3. GDSリソースおよびFsystemリソースの初期設定(運用ノード)

4. クラスタアプリケーションの登録

5. Linkexpressの環境設定
クラスタアプリケーションが登録できた状態で、RMSを起動し切替えディスクが扱えるようにします
Fsystemリソースで設定したマウントポイントを指定
(運用ノード)
lxclsetup -m /disk1/lnkexp -n lnkexp -M
(待機ノード:切替えディスクは参照しません)
lxclsetup -m /disk1/lnkexp -n lnkexp -S


■状態遷移プロシジャのサブプロシジャの登録

・サブプロシジャの登録操作の手順
# cp /opt/FJSVlnkexp/SAMPLE/CLUSTER/link.tbl /opt/FJSVlnkexp/lib/subproc/.
# vi /opt/FJSVlnkexp/lib/subproc/link.tbl
切替えディスクへのリンク設定(link.tbl)
# cat /opt/FJSVlnkexp/lib/subproc/link.tbl
/disk1/lnkexp


# cp /opt/FJSVlnkexp/SAMPLE/CLUSTER/work.sh /opt/FJSVlnkexp/MANAGER/.
# cp /opt/FJSVlnkexp/SAMPLE/CLUSTER/dbsv.sh /opt/FJSVlnkexp/MANAGER/.
# vi /opt/FJSVlnkexp/MANAGER/work.sh
# vi /opt/FJSVlnkexp/MANAGER/dbsv.sh

業務の再開(work.sh)
# cat /opt/FJSVlnkexp/MANAGER/work.sh
#!/bin/sh
#
# All Rights Reserved, Copyright(C) FUJITSU LIMITED 2010
#

PATH=/opt/FJSVlnkexp/bin:${PATH}; export PATH

##
## job re-execution
## When you execute the job again
# lxcanwrk -s job_name -m f
# lxstrwrk -s job_name

## When downing system execute the job again
lxrrnwrk -s "*" -m r

DBサービスの再開(dbsv.sh)
# cat /opt/FJSVlnkexp/MANAGER/dbsv.sh
#!/bin/sh
#
# All Rights Reserved, Copyright(C) FUJITSU LIMITED 2010
#

PATH=/opt/FJSVlnkexp/bin:${PATH}; export PATH

##
## Reset of DB service
##
## When you specify service
# /opt/FJSVlnkexp/bin/lxrstsv -s Service_Name -f

## Reset of all DB services
for i in /opt/FJSVlnkexp/MANAGER/DB/[A-Z]*
do
if [ -d $i ]
then
j=`basename $i`
/opt/FJSVlnkexp/bin/lxrstsv -s $j -f
fi
done



■クラスタアプリケーションの変更(運用ノード)
RMSを停止し、登録したリソースをクラスタアプリケーションに追加


■LinkexpressのリソースID確認
# /etc/opt/FJSVcluster/bin/clgettree
Linkexpressのリソースは、リソースクラスがSystemState3で、かつリソース名がlnkexpです



■Linkexpressのアンインストール
1.RMSを停止します
# /opt/SMAW/SMAWRrms/bin/hvshut -a

2.Linkexpressのリソースをクラスタアプリケーションから削除します
# /opt/SMAW/SMAWRrms/bin/hvw -n testconf

3. ノンクラスタ環境に復元します
両ノードで実行
# lxclsetup -r

4.LinkexpressのリソースIDを確認します
# /etc/opt/FJSVcluster/bin/clgettree

5.Linkexpressのリソースを削除します
/etc/opt/FJSVcluster/bin/cldelprocrsc -r リソースID

6.Linkexpressの状態遷移プロシジャの削除をします(運用ノード)
# /etc/opt/FJSVcluster/bin/cldelproc -c SystemState3 switch.FJSVlnkexp

7.Linkexpressをアンインストールします

8.切替えディスク上のLinkexpress資源を削除します
# rm -fr /disk1/lnkexp/FJSVlnkexp
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。