* Archive * Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
vCenter Server 5.5 のインストール

OS: Windows Server 2012 R2 Standard
VMware: vCenter Server 5.5
DB: Microsoft SQL server 2014 Standard
(データベースをDドライブにインストール)


---------------------------------------------------------------------
事前に「Microsoft .NET Framework 3.5 Service pack 1」をインストール
---------------------------------------------------------------------

役割機能の追加
機能の選択:
 ■ .NET Framework 3.5 Features
  ■ .NET Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0含む)

代替ソース パスの指定
(OSのインストールCDをDVDドライブに挿入)
パス: DVDドライブ:\sources\sxs

[インストール]

------------------------------------------------------------
◆ Microsoft SQL server 2014 のインストール
------------------------------------------------------------

[インストール]

SQL Serverの新規スタンドアロンインストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加します。

プロダクトキーを入力する: ***** - ***** - ***** - ***** - *****

■ ライセンス条項に同意します

□ Microsoft Updateを使用して更新プログラムを確認する

● SQL Server機能のインストール

機能の選択:
 ■ データベースエンジンサービス
  □ SQL Server レプリケーション
  □ 検索のためのフルテキスト抽出とセマンティック抽出
  □ Data Quality Services
 ■ クライアントツール接続
 ■ 管理ツール – 基本
  ■ 管理ツール – 完全
インスタンス ルート ディレクトリ: D:\Program Files\Microsoft SQL Server\
共有機能ディレクトリ: D:\Program Files\Microsoft SQL Server\
共有機能ディレクトリ(x86): D:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server\

名前付きインスタンス
 インスタンスID:MSSQLSERVER

サービスアカウント
 SQL Server エージェント: 自動
 SQL Server データエースエンジン: 自動
 SQL Server Browser: 無効

認証モード
 ● 混在モード
 saのパスワード: *************
SQL Server管理者の指定:(ローカルのAdministrator)

[インストール]


------------------------------------------------------------
◆ SQLデータベースの作成
------------------------------------------------------------

こちらを参照

------------------------------------------------------------
◆ ODBCの設定
------------------------------------------------------------

[サーバーマネージャー] - [ツール] - [ODBCデータソース(64ビット)] - [システムDSN] - [追加]
名前: SQL Server Native Client 11.0
[完了]

名前: vCenter Server
サーバー: (サーバー名)

● ユーザーが入力するSQL Server用のログインIDとパスワードを使う
ログインID:vpxuser
パスワード: *********

■ 既定のデータベースを以下に変更する
VCDB

[完了]
[データソースのテスト]
問題がないことを確認し、[OK]


------------------------------------------------------------
◆ vCenter Server5.5のインストール
------------------------------------------------------------
仮想マシンのDVDドライブにISOファイルをマウントする。

DVDドライブをダブルクリック

[インストール]

■ 使用許諾契約書の条項に同意します

Simple Install

■ IPアドレスの代わりにFQDNを使用して、vCenter Single Sign-Onを構成する

vCenter Single Sign-On 情報
 ドメイン名: vsphere.local
 ユーザー名: Administrator
 パスワード: **********

Simple Installでのサイトの構成
 サイト名: Default-First-Site

Simple Installでのポートの設定
 HTTPSポート: 7444

インストール先
C:\Program Files\VMware\Infrastructure\

[インストール]

ライセンスキー:

データベースオプション
 ● 既存のサポートされているデータベースを使用
  データソース名: vCenter Server

  データベースユーザー名: vpxuser
  データベースパスワード: ********

vCenter Server サービス
■ Windows ローカルシステムアカウントの使用

ポートの構成
vCenter Server HTTPポート: 80
vCenter Server HTTPSポート: 443
ハートビートポート: 902
WebサービスHTTPポート: 8080
WebサービスHTTPSポート: 8443
Webサービス変更サービス通知ポート: 60099
vCenter Server LDAPポート: 389
vCenter Server SSLポート: 636
□ 使用可能な短期ポートの数を増やす

JVMメモリ
インベントリサイズ: 小

□ データ収集の有効化

[インストール]

[終了]



インストーラー画面から、vShpere Clientもインストールします。

[インストール]
日本語
● 使用許諾契約書に同意します
インストール先: C:\Program Files (x86)\VMware\Infrastrusture\
[インストール]
[終了]

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。