FC2ブログ

* Archive * Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FreeNASでESXiサーバのiSCSI接続を設定します。


◆ ESXiサーバにiSCSI用に用意した2台目のハードディスクを追加

[構成] - [ストレージの追加]
ストレージタイプ: ディスク/LUN



◆ FreeNASの仮想マシンにiSCSI用のハードディスクを追加
vSphere ClientでvCenterまたはESXiサーバに接続に、仮想マシンを選択

[設定の編集] - [ハードウェア]タブの[追加]

新規仮想ディスクを作成
ディスクサイズ: 500GB
プロビジョニング: シック(Eager)
場所: データストアまたはデータストアクラスタの指定
     (iSCSI用に作成したディスクを指定)



◆ FreeNASにストレージの追加
FreeNASのコンソール画面にWebブラウザで接続
http://192.168.xx.xx

Webコンソール画面の上部メニュー[ストレージ]

[Volume Manager] 設定

ボリューム名: Storage1
メンバディスク: da1(536.9GB)
ファイルシステムタイプ: ZFS

[ボリュームを追加]



◆ FreeNASのiSCSI設定


1. Webコンソール画面の上部メニュー[サービス]
iSCSIの工具アイコンをクリック


[ポータル] 設定

[ポータルを追加] 画面

IPアドレス: 192.168.xx.xx
ポート: 3260

[OK]



[イニシエーター(複数)] 設定

[Add Initiator] 画面

イニシエーター(複数): ALL
認証されたネットワーク: ALL

[OK]



[認証されたアクセス] 設定

[Add iSCSI Authorized Access] 画面

ユーザ: user
シークレット: (12文字以上16文字以下の文字列)



[ターゲット]設定

[ターゲットを追加] 画面

ターゲット名: target
ポータルグループID: 1
イニシエータグループID: 1

[OK]



[File Extents] 設定

[Add File Extent] 画面

エクステント名: extent
Path to the extent: /mnt/Storage2/iscsi
エクステントサイズ: 500GB

[OK]




[Associated Targets] 設定

[ターゲットにエクステントを追加] 画面

ターゲット: target
エクステント: extent

[OK]



2. Webコンソール画面の上部メニュー[サービス]

iSCSI: ON



◆ ESXiサーバのiSCSI設定

vSphere Clientで接続し、ESXiサーバを選択
1. [構成] - [ストレージアダプタ] - [追加] - [ストレージアダプタの追加]

● ソフトウェア iSCSIアダプタの追加

[OK]


追加されたアダプタを選択し、[プロパティ]

[ネットワーク構成] タブ - [追加]
iSCSIで使用するアダプタを選択し、[OK]


[動的検出] タブ - [追加]

iSCSIサーバ: 192.168.xx.xx
ポート: 3260

[OK]



2. [構成] - [ストレージ] - [ストレージの追加]

ストレージタイプ: ディスク/LUN
名前: FreeBSD iSCSI Disk
データストア名: iSCSI-1
容量: 使用可能な最大領域


Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。