* Archive * Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.10.07 ジオン君☆
新しいCPUが届いたので、2台目のサーバとして組み立て作業を行いました。

バルク品だったので、こんな形で届きました。

20151010xeon00.jpg



省電力化を目的に購入したものです。
CPU: Xeon E3-1230L v3 (LGA1150、32GB、25 W)

20151010xeon01.jpg



CPUクーラーが付属していなかったので、別途こちらを購入しました。
CPUクーラー: Cooler Master Hyper 212 EVO (RR-212E-20PK-J1)

20151010xeon02.jpg



リテール品と違って部品がたくさんあるので、ちょっと組み立てが不安になってきた。

20151010xeon03.jpg



まず、土台部分をマザーボードに取り付けます。
マザーボードの裏部分に、ねじで固定します。

20151010xeon04.jpg



CPUに、CPUクーラーに付属していたグリスを指で塗布します。

20151010xeon05.jpg



十字に金具を置き、対角線上にねじで固定していきます。
どこまでねじを締めていいのか分からなかったけど、ある程度締めると固くなるので
そのあたりで留めました。

20151010xeon06.jpg



結構高さがあるので、PCケースに収まるか心配になるけど計算上は問題ないはず・・・

20151010xeon07.jpg



今回、WOL用にこちらのNICも取り付けます。
NIC: インテル PWLA8391GT デスクトツプアダプタ PWLA8391GT

20151010xeon08.jpg



このCPUには、GPUがついてないので一時的にこれを取り付けます。
ESXiを動かすので画面はいらないので、設定が終わったら外す予定です。

20151010xeon09.jpg



これで、PCケースへの取り付けが完了です。

20151010xeon10.jpg



電源を入れて、無事 ESXiが起動してくれました。
CPU、メモリも認識できてます。

20151010xeon11.jpg



さて、GPUを外して消費電力の確認もしてみました。
ワットモニター: 700-TP212DW
約43.8Wでした。

20151010xeon12.jpg

スポンサーサイト
拡張NICによるWOLができない件で、MSIのサポートに問い合わせました。

マザーボード: MSI B85M-G43

以下の回答をもらいました。
===============================================
本社のエンジニアから回答があり、
拡張スロットに取り付けたNICからWOLをさせたい場合は
オンボードのLAN機能を無効にする必要があります。
これはマザーボードの仕様でございます。
どうかご了承ください。
===============================================

ということで、オンボードLANをBIOSで無効にしてみました。

でも、ダメだった。。。(WOLできない)

もう一度、MSIのサポートに問い合わせをしてみたら

こんな回答でした。
===============================================
お客様がお使いのOSがWindows 8 / 8.1の場合、
電源オプションの設定で「高速スタートアップを有効にする」
の項目のチェックを外す必要があります。
また、シャットダウン状態(S5)からのWOLによる復帰は
できません。
スリープ状態(S3)または休止状態(S4)からの復帰のみとなります。
詳細は下記のMicrosoftのページをご参照ください。
https://support.microsoft.com/en-us/kb/2776718
===============================================

これは、設定済だよ。

オンボードでは、できてるんだから・・・

他にもネットでいろいろ検索して、設定を試してみたけど・・・

なんか疲れてきたので、拡張NICでのWOLはそろそろ諦めようかな。

オンボードLANの蟹さん(Realtek)を使えばWOLできるので、WOLのためだけにこっちを使う。
ESXでは、Intelの拡張NICを使う。

こんなんでまあ、いっか。
アイちゃんのWOLが上手くいかないので、MSIのサポートセンターに問い合わせることにしました。

まずは、以下に接続して会員登録と製品登録を行いました。
http://support.msi.com

マザーボードのシリアル番号の書かれている場所が分からなかったのでメモしておきます。
1つ目は、マザーボードの箱の横に書かれいます。
2つ目は、マザーボード本体に貼られているシールに書かれています。


MSIサポート
http://jp.msi.com/support

まず、FAQで事例がないか検索してみました。
FAQ
http://jp.msi.com/faq/nb/0/1/

WOLの設定方法は発見
http://jp.msi.com/faq/mb-25.html

BIOSの設定はいいのですが、手順にWindowsでの設定が入っていたのでどうしようか?
仕方ないので、2台目のディスクにWindows 8.1をインストールして設定をしてみました。
その結果、オンボードLANでのWOLはできるようになりました。

でも、Intel製の拡張NICを使用したWOLができない。

以下のサイトのMSIのメールでの問い合わせ先に、メールしてみました。
http://www.msi-computer.co.jp/support/index.html

回答待ち・・・


今回気になったことをメモ
WOLができない現象について、OSをシャットダウンするとLANボードのアクセスランプが消えた状態になります。
この状態ではWOLはできないんじゃないかと思っていましたが、ちゃんとできました。(少なくともオンボードLANでは)
組み立てが終わった「アイちゃん」に電源を入れました。

b85m_bios1.jpg

無事、BIOS画面が表示されました。
メモリも搭載した32GBを認識してくれてます。

言語を日本語に変更し、BIOSの設定を行います。
ESXiをインストールするための仮想化の設定と、拡張NICを使ったWake on LANを有効にしたいと思います。

■SATA設定
[Settings] - [拡張項目] - [SATA設定]
SATAの動作モード: AHCIモード(デフォルト)

■仮想テクノロジ
[Overclocking(OC)] - [CPUの機能]
Intel仮想化テクノロジ: 有効(デフォルト)
Intel VT-Dテクノロジ: 有効(デフォルト) 

■WOL設定
[Settings] - [拡張項目] - [パワー・マネジメント・セットアップ]
EuP 2013: 無効(デフォルト)

[Settings] - [拡張項目] - [Wake Up Event]
指定したWake Up Event: BIOS(デフォルト)
PCI Expressデバイスによるレジューム: 有効



設定の保存後、ESXiのインストールまでは無事に終わりました。

esx6consol.jpg
2台目サーバを組み立てていきます。

①CPU、CPUクーラーの取り付け
②メモリの取り付け
③HDDの取り付け
④バックパネル、マザーボードの取り付け
⑤電源の取り付け
⑥拡張NICの取り付け
⑦配線
 ・ ATX電源 → マザーボード
 ・ SATA電源ケーブル → HDD
 ・ SATAケーブル(HDD) → マザーボード
 ・ PCケースファン → マザーボード
 ・ フロントLED、電源 → マザーボード
 ・ スピーカー → マザーボード

===========================================

①CPU、CPUクーラーの取り付け

レバーを外し、サイドの切り込みを合わせながらCPUソケットに軽く置きます、
レバーを戻し、ソケットカバーを外します。
CPUにシルバーグリスを指で塗布します。

mb4.jpg

CPUクーラーのプッシュピンの矢印が外側になっていることを確認します。
ケーブルの配線位置を確認し、設置する向きを決めます。
CPUクーラーを乗せたら、プッシュピンを対角線上に押し込みます。

mb5.jpg

マザーボードの裏側を確認し、プッシュピンが奥まで嵌っていることを確認します。

mb11.jpg





②メモリの取り付け

メモリ取り付け位置のサイドのレバーを倒します。

mb12.jpg

メモリの両サイドに指を置き、上から押し込みます。
自然にサイドのレバーが上がるのを確認します。

mb6.jpg





③HDDの取り付け

PCケースとHDDのサイドの穴が合うように設置し、留め具で固定します。

mb7.jpg





④バックパネル、マザーボードの取り付け

マザーボード付属のバックパネルは、PCケースに取り付けます。
インターフェースの穴を塞がないように、あらかじめバックパネルの爪を内側に曲げておきます。

mb13.jpg

マザーボードを固定するスペンサーの位置を調整します。
スペンサーの位置を確認し、マザーボードをねじで対角線上に留めていきます。

mb8.jpg






⑤電源の取り付け

PCケースに取り付ける前に、SATAケーブルを接続しておきます。

mb14.jpg

電源をPCケースにねじで固定します。

mb9.jpg





⑥拡張NICの取り付け

マザーボードの拡張スロットのねじを外し、NICカードを取り付けます。

mb10.jpg





⑦配線

ATX電源をマザーボードに接続します。(2箇所)

cbl1.jpg

cbl2.jpg



HDDにSATAケーブルと電源ケーブルを取り付けます。

cbl3.jpg



SATAケーブルをマザーボードに接続します。

cbl4.jpg



PCケース付属のファンケーブルをマザーボードに接続します。

cbl5.jpg



PCケースのフロントLED、電源ケーブルをマザーボードに接続します。
(Power LED、HDD LED、Power Switch、 Reset Switch、Speaker)

cbl6.jpg



部品の取り付けが終わりました。

aicase1.jpg


PCケースのサイドパネルを取り付けて完成です。

aicase2.jpg


2台目のサーバなので、PCケースは特徴のある緑のラインが入っているものにしてみました。
Core-i7(アイ セブン) が乗っている子なので、アイちゃんと呼んでいます☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。