FC2ブログ

* Archive * Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Symfoware自動起動停止設定

RHEL7以降

1. unitファイルを複写します。

# cp /opt/FJSVrdb2b/demo/symfosv.service /usr/lib/systemd/system/symfosv_RDBシステム名.service


2. systemctlコマンドで自動起動停止を有効にします。

# systemctl enable symfosv_RDBシステム名.service

スポンサーサイト
Symfowareデータ移行

■移行元でデータ採取

1) RDB構成パラメタファイルおよび動作環境ファイルの保存
/opt/FJSVrdb2b/etc/RDBシステム名.cfg
/opt/FJSVrdb2b/etc/fssqlenv

2) 全てのDSIのアンロードデータをローカルに採取
OS が変更になる場合や、データベースに格納されるデータの文字
コード系が変更になる場合には、バイナリ形式で取得した外部ファイルは
使用出来ないため、テキストモード(-tオプション)で取得する

DSIデータを1つの外部ファイルに出力する
# rdbunl -i [DB名].[DSI名] -t /var/tmp/DSIzaiko.TXT
# rdbunl -i RDBDB.在庫表DSI -t /var/tmp/DSIzaiko.TXT

リストア先にコピー
# cd /var/tmp/
# scp DSIzaiko.TXT root@192.168.1.xx:/var/tmp

3) データベースの定義ファイルの保存
(データベース作成時のrdbddlexコマンドの入力ファイル)
注)データベースの定義ファイルをバックアップしていない場合は、
rdbprtコマンドで現状の定義を出力して、この情報を元にDDL文を作成

# echo "DB" | rdbprt -m DEF -d [DB名] -f - > /var/tmp/rdbprt.txt
# echo "DB" | rdbprt -m DEF -d RDBDB -f - > /var/tmp/rdbprt.txt


■移行先にリストア

1) RDB構成パラメタファイルおよび動作環境ファイルのリストア
/opt/FJSVrdb2b/etc/RDBシステム名.cfg
/opt/FJSVrdb2b/etc/fssqlenv

2) Symfoware Server環境の構築
ログファイル作成、RDBディクショナリ作成など、Symfoware Serverを起動できる状態にする

Symfowareの起動確認
# rdbps
起動していない場合はサービスを起動
# rdbstart

3) rdbddlexコマンドでデータベーススペース、スキーマ、DSO、DSI、テーブルを定義
- CREATE DATABASE文
- CREATE DBSPACE文
- CREATE SCHEMA文
- CREATE TABLE文
- CREATE DSO文
- CREATE DSI文

データベースの作成
# rdbddlex -d RDBDB /var/tmp/ddl.dat

データベースの定義文
# vi /var/tmp/ddl.dat

-- データベース定義 データベース名は“RDBDB”
CREATE DATABASE RDBDB;
-- データベーススペース定義 データベーススペース名は“DBSPACE1”
CREATE DBSPACE DBSPACE1 ALLOCATE RAWDEVICE /dev_symfoware/raw4;
-- スキーマを定義 スキーマ名は“STOCKS”
CREATE SCHEMA STOCKS
-- 在庫製品の管理表を定義
CREATE TABLE 在庫表 ( 製品番号 SMALLINT NOT NULL,
製品名 NATIONAL CHARACTER(10) NOT NULL,
在庫数量 INTEGER,
倉庫番号 SMALLINT,
PRIMARY KEY (製品番号)
)
CREATE VIEW 大量在庫表(品番,数量)
AS SELECT 製品番号, 在庫数量 FROM STOCKS.在庫表
WHERE 在庫数量 >= 50
-- 発注製品の管理表を定義
CREATE TABLE 発注表 ( 取引先 SMALLINT NOT NULL,
取引製品 SMALLINT NOT NULL,
仕入価格 INTEGER,
発注数量 SMALLINT,
PRIMARY KEY (取引先,取引製品)
)
CREATE VIEW 大量発注表(取引製品, 仕入価格)
AS SELECT 取引製品, 仕入価格 FROM STOCKS.発注表
WHERE 発注数量 >= 100
-- 取引会社の管理表を定義
CREATE TABLE 会社表 ( 会社番号 SMALLINT NOT NULL,
会社名 NATIONAL CHARACTER(10) NOT NULL,
電話番号 CHARACTER(14),
住所 NATIONAL CHARACTER(20),
PRIMARY KEY (会社番号)
)
CREATE VIEW 会社表1 AS SELECT 会社番号,会社名 FROM STOCKS.会社表;

-- 在庫表の格納構造定義
CREATE DSO 在庫表DSO -- 在庫表のDSO
FROM STOCKS.在庫表
TYPE SEQUENTIAL(PAGESIZE(4),ORDER(1));
CREATE DSI 在庫表DSI -- 在庫表のDSI
DSO 在庫表DSO
ALLOCATE DATA ON DBSPACE1 SIZE 280K;
-- 在庫表の製品番号にインデックスを作成
CREATE DSO 製品番号IXDSO -- インデックスのDSO
INDEX ON STOCKS.在庫表 (製品番号)
TYPE BTREE ( PAGESIZE1(16),PAGESIZE2(1), REALIGNMENT) BY ADDRESS;
CREATE DSI 製品番号IXDSI -- インデックスのDSI
INDEX
DSO 製品番号IXDSO
ALLOCATE BASE ON DBSPACE1 SIZE 200K,
INDEX ON DBSPACE1 SIZE 40K;
-- 発注表の格納構造定義
CREATE DSO 発注表DSO -- 発注表のDSO
FROM STOCKS.発注表
TYPE SEQUENTIAL(PAGESIZE(4),ORDER(1))
WHERE (取引先) BETWEEN (?) AND (?); -- 取引先の番号別に
-- データ分割配置
CREATE DSI 関東発注表DSI -- 関東に所在の会社用の
DSO 発注表DSO -- 発注表のDSI
USING (60,69) -- 60番台は関東所在の会社

ALLOCATE DATA ON DBSPACE1 SIZE 280K;
CREATE DSI 関西発注表DSI -- 関西に所在の会社用の
DSO 発注表DSO -- 発注表のDSI
USING (70,79) -- 70番台は関西所在の会社

ALLOCATE DATA ON DBSPACE1 SIZE 280K;
-- 発注表の取引先および取引製品にインデックスを作成
CREATE DSO 取引IXDSO -- インデックスのDSO
INDEX ON STOCKS.発注表 (取引先,取引製品)
TYPE BTREE ( PAGESIZE1(16),PAGESIZE2(1), REALIGNMENT) BY ADDRESS;
CREATE DSI 関東取引IXDSI -- インデックスのDSI
INDEX
DSO 取引IXDSO
BASE 関東発注表DSI
ALLOCATE BASE ON DBSPACE1 SIZE 200K,
INDEX ON DBSPACE1 SIZE 40K;
CREATE DSI 関西取引IXDSI -- インデックスのDSI
INDEX
DSO 取引IXDSO
BASE 関西発注表DSI
ALLOCATE BASE ON DBSPACE1 SIZE 200K,
INDEX ON DBSPACE1 SIZE 40K;
-- 会社表の格納構造定義
CREATE DSO 会社表DSO -- 会社表のDSO
FROM STOCKS.会社表
TYPE SEQUENTIAL(PAGESIZE(4),ORDER(1));
CREATE DSI 会社表DSI -- 会社表のDSI
DSO 会社表DSO
ALLOCATE DATA ON DBSPACE1 SIZE 280K;
-- 会社表の会社番号にインデックスを作成
CREATE DSO 会社番号IXDSO -- インデックスのDSO
INDEX ON STOCKS.会社表 (会社番号)
TYPE BTREE ( PAGESIZE1(16),PAGESIZE2(1), REALIGNMENT) BY ADDRESS;
CREATE DSI 会社番号IXDSI -- インデックスのDSI
INDEX
DSO 会社番号IXDSO
ALLOCATE BASE ON DBSPACE1 SIZE 200K,
INDEX ON DBSPACE1 SIZE 40K;


4) 全てのDSIのデータをrdbsloaderコマンドでロード
rdbsloaderコマンドに指定するオプションは、rdbunlコマンド取得時と同じにする

# rdbsloader -mi -i RDBDB.在庫表DSI -s /SFW/work -t /var/tmp/DSIzaiko.TXT

Symfoware環境設定


■環境変数設定

vi /etc/bashrc
(以下追記)
LANG=ja_JP.UTF-8 ; export LANG
PATH=/opt/FJSVrdb2b/bin:$PATH ; export PATH
LD_LIBRARY_PATH=/opt/FJSVrdb2b/lib:$LD_LIBRARY_PATH ; export LD_LIBRARY_PATH
RDBNAME=APPDB ; export RDBNAME
MANPATH=/opt/FJSVrdb2b/man:$MANPATH ; export MANPATH


■RDB構成パラメタ設定

# cd /opt/FJSVrdb2b/etc
# cp RDBSYS.cfg APPDB.cfg
# vi APPDB.cfg

RDBDIRSPACE1=/SFW/rdbdir
RDBDIRSPACE2=/SFW/rdbdir
RDBLOG=512, 512
RDBCORE=/SFW/core
RDBEXTMEM=13208
RDBCNTNUM=712
RDBPRJCODE=0xdb
RDBSYSBUF=/opt/FJSVrdb2b/etc
RDBSQLENV=/opt/FJSVrdb2b/etc/fssqlenv
RDBLOGMANAGE=/dev_symfoware/raw1
RDBSYSTEMID=1
RDBREPORT=/SFW/core
RDBPM=/SFW/rdbpm

フォルダ作成
# mkdir -p /SFW/core
# mkdir -p /SFW/rdbpm
# mkdir -p /SFW/rdbdir
# mkdir -p /SFW/rdbpm
# mkdir -p /SFW/work

■ログ管理ファイルの作成
# rdblog -I

■テンポラリログファイルの作成
# rdblog -G -t /dev_symfoware/raw1 /dev_symfoware/raw3 /dev_symfoware/raw3 30M 30M 20
# rdbcrdic -r /dev_symfoware/raw2 -a 60M -du 5M


■アーカイブログファイルの作成
# rdblog -G -a /dev_symfoware/raw5 30M
Symfowareインストール

1.インストールDVDをセットし、マウント。
# mount -t iso9660 -o ro /dev/sr0 /mnt

2.インストール
# LANG=ja_JP.UTF-8;export LANG
# cd /mnt/linux
# ./symfo_install

インストール環境のチェックを開始します。
インストール環境のチェックが終了しました。

"Symfoware Server Standard Edition"を初期インストールします。

インストール方法を選択してください。
1: 標準 (標準的に使用する機能をインストールします)
2: カスタム (機能を選択してインストールします)
q: インストールせずに終了します
[1,2,q](省略値は1): 1

インストールする機能
- 基本機能(サーバ機能、クライアント機能)

変更不可能なインストール情報
インストールディレクトリ: /opt

変更可能なインストール情報
データベースの文字コード系: UTF-8
WebAdmin/WebDBtoolsのセットアップ: 実行する
Webサーバのポート番号: 26510
WebAdmin/WebDBtoolsの内部ポート番号1: 26511
WebAdmin/WebDBtoolsの内部ポート番号2: 26512
WebAdmin/WebDBtoolsの内部ポート番号3: 26513
WebAdmin/WebDBtoolsの内部ポート番号4: 26514

上記の情報でインストールを開始しますか?
y: インストールを開始します
c: インストール情報を変更します
q: インストールせずに終了します
[y,c,q](省略値はy): y

インストールを開始します。

########################## : 基本機能(サーバ機能、クライアント機能)のインスト ールが成功しました。

インストールが終了しました。

WebAdmin/WebDBtoolsのセットアップが正常終了しました。

/opt/symfoware/setup/rdbtunekernelfunc: 571 行: [: 18446744073692774399: 整数の 式が予期されます
Changed kernel.shmall from 18446744073692774399 to 18446744073692781311
Changed kernel.shmmni from 4096 to 5111
Changed kernel.sem from 250 32000 32 128 to 250 34038 32 732
Changed kernel.msgmni from 3677 to 3681
kernel.shmall = 18446744073692781311
kernel.shmmni = 5111
kernel.sem = 250 34038 32 732
kernel.msgmni = 3681
カーネル資源の設定に成功しました。

"Symfoware Server Standard Edition"の初期インストールが正常終了しました。

■ディスクのパーティションに対応するudevのブロックデバイス名の特定

# ls -l /dev/disk/by-path
合計 0
lrwxrwxrwx. 1 root root 9 1月 15 11:27 pci-0000:00:07.1-ata-2.0 -> ../../sr0
lrwxrwxrwx. 1 root root 9 1月 15 11:27 pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0 -> ../../sda
lrwxrwxrwx. 1 root root 10 1月 15 11:27 pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0-part1 -> ../../sda1
lrwxrwxrwx. 1 root root 11 1月 15 11:27 pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0-part10 -> ../../sda10
lrwxrwxrwx. 1 root root 11 1月 15 11:27 pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0-part11 -> ../../sda11
lrwxrwxrwx. 1 root root 10 1月 15 11:27 pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0-part2 -> ../../sda2
lrwxrwxrwx. 1 root root 10 1月 15 11:27 pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0-part3 -> ../../sda3
lrwxrwxrwx. 1 root root 10 1月 15 11:27 pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0-part4 -> ../../sda4
lrwxrwxrwx. 1 root root 10 1月 15 11:27 pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0-part5 -> ../../sda5
lrwxrwxrwx. 1 root root 10 1月 15 11:27 pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0-part6 -> ../../sda6
lrwxrwxrwx. 1 root root 10 1月 15 11:27 pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0-part7 -> ../../sda7
lrwxrwxrwx. 1 root root 10 1月 15 11:27 pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0-part8 -> ../../sda8
lrwxrwxrwx. 1 root root 10 1月 15 11:27 pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0-part9 -> ../../sda9


■udevのブロックデバイスへのシンボリックリンク作成
# mkdir /dev_symfoware
# cd /dev_symfoware
ln -s /dev/disk/by-path/pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0-part7 raw1
ln -s /dev/disk/by-path/pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0-part8 raw2
ln -s /dev/disk/by-path/pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0-part9 raw3
ln -s /dev/disk/by-path/pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0-part10 raw4
ln -s /dev/disk/by-path/pci-0000:03:00.0-scsi-0:0:0:0-part11 raw5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。