* Archive * Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1. コマンドプロンプトを開き、以下を実行してください。
> set devmgr_show_nonpresent_devices=1
> start devmgmt.msc

2. デバイスマネージャで[表示]メニューの[非表示のデバイスの表示]をクリック

3. 色が薄く表示されている「ネットワークアダプタ」を削除


スポンサーサイト
◆ 仮想マシンの設定
[設定の編集] - [オプション]タブ - [起動オプション]
ファームウェア: EFI

強制的にEFIセットアップ: ■
(DVDによるOSインストール時に必要に応じてチェック)


◆ OSインストール
仮想マシンにDVDをマウント

Windowsのインストール画面で、インストールの種類に「新規インストール(カスタム)」を選択
インストールの場所の選択画面で割り当てた2TB以上のディスクが認識されていることを確認

shift + F10 キーでコマンド入力画面を起動

以下のコマンドを実行

diskpartを起動
>diskpart

ディスクの一覧
>list disk

ディスクの選択
>select disk 0

ディスクの内容を削除
>clean

GPTディスクに変換
>convert gpt

終了
>exit


インストールの場所の選択画面に戻り、「最新の情報に更新」をクリック
「新規」を選択し、OSインストール領域のサイズを指定

一覧画面に以下のようなパーティションが自動で作成されます
ディスク 0 パーディション 1: SYSTEM    システム
ディスク 0 パーディション 2          MSR(予約済み)


ウィザード画面に従ってインストールを続行


対象: PRIMERGY

仮想マシンのプロパティに以下の設定を追加

[設定の編集] - [オプション]タブを表示
[全般] - [構成パラメータ]ボタンをクリック

[行の追加]をクリックし以下の2行を追加

名前: smbios.reflectHost            
値: TRUE

名前: smbios.noOEMStrings            
値: TRUE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。