FC2ブログ

* Archive * Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.11.15 TMCM 6.0の移行
=================================================
◆ 環境
 移行元:
  Windows 2003 R2 x86
  TMCM 6.0
   (IIS6、同梱SQL Express2005)

 移行先:
  Windows 2012 R2 x64
  TMCM 6.0


=================================================
◆ 注意事項

ホスト名・FQDNはバックアップ元と復元先Control Managerサーバで完全に一致するよう(大・小文字も)にセットアップします。

バックアップ元のControl Manager 5.5のビルドが1938以上1951未満である場合、復元後に予約ダウンロードの設定が初期化されます。
この問題を防ぐためにはバックアップ取得前にビルド1951以上を適用してください。


必要なもの
 SQL Server 2008 R2 Express SP2(SQLEXPRADV_x64_JPN.exe)
 TMCM 6.0(tmcm-60-gm-repack6_r-win-ja-1437.exe)
 TMCM 6.0 SP1(tmcm_60_sp1_win_ja_r1.exe)
 TMCM 6.0ライセンスキー



=================================================
◆ 移行先TMCM 6.0の準備

1. コンポーネントのインストール
役割:
■ Webサーバー(IIS)
 ※必要な機能の追加

機能:
■ .NET Framework 3.5 Features
 ■ .Net Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0を含む)

■ メッセージキュー
 ■ メッセージキューサービス

Webサーバの役割サービス:
■ Webサーバー
 ■ HTTP共通機能
  ■ HTTPエラー
  ■ ディレクトリの参照
  ■ 既定のドキュメント
  ■ 静的なコンテンツ

 ■ セキュリティ
  ■ 要求フィルター
  ■ Windows認証

 ■ パフォーマンス
  ■ 静的なコンテンツの圧縮

 ■ 状態と診断
  ■ HTTPログ

 ■ アプリケーション開発
  ■ ASP.NET 3.5
※必要な機能の追加

■ 管理ツール
 ■ IIS 管理コンソール
 ■ IIS6 管理互換
  ■ IIS6 メタベース互換
  ■ IIS6 WMI互換
  ■ IIS6 スクリプトツール
  ■ IIS6 管理コンソール


2. 仮想Webサイトの作成

IISマネージャーを起動
[サイト] - [Webサイトの追加]
サイト名: 仮想の Web サイト(※既存と同じもの)
物理パス: (※既存と同じもの)
バインド
 種類: http
 IPアドレス: 未使用のIPアドレスすべて
 ポート: (※既存と同じもの)


3.ホスト名・IPアドレスを既存のものに変更


4. SQL Server 2008 R2 Expressのインストール

SQLEXPRADV_x64_JPN.exeの実行

機能の選択
 ■ データベースエンジンサービス
  ■ SQL Server レプリケーション
共有機能
 ■ 管理ツール - 基本
 ■ SQL クライアント接続 SDK

インスタンスの構成
 名前付きインスタンス: SQLEXPRESS

サーバーの構成
 サービス: SQL Server Browser
 スタートアップの種類: 自動

認証モード
 ● 混在モード
  saパスワード: ***************


5. SQL Serverの構成

SQL Server 構成マネージャーの起動
[SQL Server ネットワークの構成] - [SQLEXPRESS のプロトコル]
名前付きパイプ: 有効


=================================================
◆ 移行元TMCM 6.0のバックアップ取得

1. Control Managerサービスの停止

Trend Micro Control Manager
Trend Micro Management Infrastructure
Trend Micro Common CGI
Trend Micro Network Time Protocol(開始している場合のみ)


2. SQLデータベースのバックアップ

SQL2005 ManagementStudioを起動
[データベース] - [db_ControlManager] - [タスク] - [バックアップ]

データベース: db_ControlManager
バックアップの種類: 完全
デフォルトのバックアップ先を[削除]して、任意のバックアップ先フォルダを[追加]
 (※フォルダは事前に作成)

[オプション]画面に切り替え、以下を選択
 ● 既存のバックアップセットにバックアップする
  ● 既存のすべてのバックアップセットを上書きする

[OK]


3. バックアップ用フォルダ作成

任意の場所に「CMBackupSet」配下のフォルダを作成

\CMBackupSet\Trend Micro\
\CMBackupSet\Trend Micro\COMMON\
\CMBackupSet\Trend Micro\COMMON\TMI\
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\Certificate\
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\WebUI\
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\WebUI\download\
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\WebUI\WebApp\
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\WebUI\WebApp\App_Data\
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\WebUI\WebApp\TreeIcons\


4. フォルダおよびファイルのバックアップ

フォルダ:
\Trend Micro\CmKeyBackup\
\Trend Micro\Control Manager\ProductClass\
\Trend Micro\Control Manager\WebUI\exports\
\Trend Micro\Control Manager\WebUI\ProductUI\
\Trend Micro\Control Manager\WebUI\WebApp\TreeIcons\Icons\

ファイル:
\Trend Micro\COMMON\TMI\
mrf_entity.bak
mrf_entity.dat
mrf_server.bak
mrf_server.dat
mrf_SSLcert.pem
mrf_SSLpri.pem
TMI.cfg

\Trend Micro\Control Manager\
Agent.ini
CasServerSetting.xml
DMRegisterInfo.xml
IDMapping.bak
IDMapping.xml
ProductInfo.dtd
ProductInfo.xml
ProductInfos.bak
ProductInfos.xml
Schema.dtd
Schema.xml
StringTable.bak
StringTable.xml
SystemConfiguration.xml
TVCS_Cert.pem
TVCS_Pri.pem
TVCS_Pub.pem

\Trend Micro\Control Manager\Certificate\
SSO_PKI_PrivateKey.pem

\Trend Micro\Control Manager\WebUI\download\
E2EPublic.dat
SSO_PKI_PublicKey.pem

\Trend Micro\Control Manager\WebUI\WebApp\App_Data\
IDMapping.xml
ProductInfos.xml
ProductInfos.xsd
StringTable.xml


=================================================
◆ 移行先TMCM 6.0へ復元

1. SQLデータベースの復元

SQL Server Management Studioを起動
[データベース] - [データベースの復元]
復元用のソース
 ● デバイスから
  バックアップメディア: ファイル
  バックアップの場所: (バックアップファイルを指定)

復元先データベース: db_ControlManager

[OK]


2. 復元用フォルダの作成

C:\Program Files (x86)\Trend Micro\
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\CmKeyBackup\
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\CmKeyBackup\Reports_Backup\


3. バックアップファイルの復元

コピー先にフォルダは作成せず、ファイルのみをコピーします。
コピー元:
\CMBackupSet\Trend Micro\CmKeyBackup\AuthInfo.ini
\CMBackupSet\Trend Micro\CmKeyBackup\TVCS_Cert.pem
\CMBackupSet\Trend Micro\CmKeyBackup\TVCS_Pri.pem
\CMBackupSet\Trend Micro\CmKeyBackup\TVCS_Pub.pem
\CMBackupSet\Trend Micro\COMMON\TMI\mrf_entity.bak
\CMBackupSet\Trend Micro\COMMON\TMI\mrf_entity.dat
\CMBackupSet\Trend Micro\COMMON\TMI\mrf_server.bak
\CMBackupSet\Trend Micro\COMMON\TMI\mrf_server.dat
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\Agent.ini
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\CasServerSetting.xml
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\DMRegisterInfo.xml
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\Schema.dtd
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\Schema.xml
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\Certificate\SSO_PKI_PrivateKey.pem
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\WebUI\download\SSO_PKI_PublicKey.pem

コピー先:
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\CmKeyBackup\


4. レポート関連ファイルの復元

[exports]フォルダではなく、配下のフォルダをコピーします。

コピー元:
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\WebUI\exports\

コピー先:
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\CmKeyBackup\Reports_Backup\


5. フォルダの削除

以下のフォルダを復元先サーバから削除します。
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\CmKeyBackup\Reports_Backup\Templates\BuiltIn\
[BuiltIn]フォルダを削除


6. GUIDの編集

ファイルをメモ帳で開き、"GUID="から始まる1行をコピーします。
\CMBackupSet\Trend Micro\COMMON\TMI\TMI.cfg

復元先サーバの以下のファイルの最後の行に追記します。
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\CmKeyBackup\AuthInfo.ini


=================================================
◆ 移行先TMCM 6.0のインストール

バックアップ元と復元先サーバで同じオプションを選択します。

tmcm-60-gm-repack6_r-win-ja-1437.exeの実行

ライセンスキーの入力

セキュリティレベル: 中 - 強固な暗号化
IPアドレス: xx.xx.xx.xx

Webサイト: 仮想の Webサイト
IPアドレス: xx.xx.xx.xx
TCPポート:
SSLポート:
セキュリティレベル: 中 - HTTPSが主

データベースのセットアップ
● SQL Server: (local)\SQLEXPRESS
データベース認証
● SQL Serverアカウント
 ユーザ名: sa
 パスワード: *********
データベース名: db_ControlManager

データベース名の重複
● 既存のデータベースに新しいレコードを追加


=================================================
◆ Control managerサービスの停止

Trend Micro Control Manager
Trend Micro Management Infrastructure
Trend Micro Common CGI
Trend Micro Network Time Protocol(開始している場合のみ)


=================================================
◆ バックアップファイルからの復元

上書きコピーする前に対象ファイルのバックアップを別途取得します。

コピー元:
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\TVCS_Cert.pem
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\TVCS_Pri.pem
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\TVCS_Pub.pem
\CMBackupSet\Trend Micro\Control Manager\SystemConfiguration.xml

コピー先:
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\TVCS_Cert.pem
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\TVCS_Pri.pem
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\TVCS_Pub.pem
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\SystemConfiguration.xml


=================================================
◆ Control Manager設定ファイルの編集

復元先サーバの以下のファイルをメモ帳で開きます。
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\SystemConfiguration.xml

以下のセクションに復元先Control Managerのインストール先フォルダを絶対パスで入力します。
P Name="m_strTMS_InstallPath" Value="Control Managerインストール先絶対パス\"
例:
P Name="m_strTMS_InstallPath" Value="C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\"


復元先サーバの以下のファイルのバックアップを取得した後でメモ帳で開きます。
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\COMMON\TMI\TMI.cfg
1. [E2EPrivateKey=]パラメータの"CM;"より後ろの文字列をバックアップファイルのTMI.cfgの"CM;"より後ろの文字列で置き換えます。

2. 次に、[GUID=]パラメータの値をバックアップファイルのTMI.cfgの値で置き換えます。


=================================================
◆ プロファイルの復元

復元先Control Managerから以下のフォルダのバックアップを取得後、削除します。
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\ProductClass\
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\WebUI\ProductUI\
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\WebUI\WebApp\TreeIcons\Icons\

復元先Control Managerから以下のファイルのバックアップを取得後、削除します。
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\IDMapping.bak
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\IDMapping.xml
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\ProductInfo.dtd
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\ProductInfo.xml
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\ProductInfos.bak
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\ProductInfos.xml
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\StringTable.bak
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\StringTable.xml
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\WebUI\WebApp\App_Data\IDMapping.xml
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\WebUI\WebApp\App_Data\ProductInfos.xml
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\WebUI\WebApp\App_Data\ProductInfos.xsd
C:\Program Files (x86)\Trend Micro\Control Manager\WebUI\WebApp\App_Data\StringTable.xml

削除した上記フォルダおよびファイルをバックアップ元サーバのバックアップファイルから復元します。


=================================================
◆ Control Managerサービスの起動

Trend Micro Common CGI
Trend Micro Management Infrastructure
Trend Micro Control Manager
Trend Micro Network Time Protocol(停止させた場合のみ)


=================================================
◆ TMCM 6.0 SP1の適用

適用前:バージョン: 6.0 (Build 1437)

tmcm_60_sp1_win_ja_r1.exeの実行

適用後:バージョン: 6.0 (Build 1437)
     Service Pack: 1
     Hot Fix: 2250

=================================================
◆ IE11の Flashの有効化

役割と機能の追加

機能:
■ ユーザーインターフェイスとインフラストラクチャ
 ■ デスクトップエクスペリエンス
 ※必要な機能を追加

[インストール]

再起動


=================================================
◆ IE11のセキュリティ設定

[ツール] - [インターネットオプション] - [セキュリティ] - [信頼済みサイト] - [サイト]
「https://(IPアドレス)」を追加


=================================================
◆ 確認手順

復元先Control Managerの管理コンソールにログインし、管理下の製品のステータスが正常であることを確認します。
管理下の製品のステータスが最新の状態に更新されるまで10分ほどかかることがあります。


スポンサーサイト
◆ 環境
  Windows 2003 R2 x86
  TMCM 5.5
   (IIS6、同梱SQL Express2005)

必要なもの
 SQL2005 ManagementStudio(SQLServer2005_SSMSEE.msi)
 Internet Explorer 8(IE8-WindowsServer2003-x86-JPN.exe)
 TMCM 6.0(tmcm-60-gm-repack6_r-win-ja-1437.exe)


=================================================
◆ TMCM 5.5を TMCM 6.0へアップグレード

ロールバック用に事前にバックアップを取得します。

1. OSバックアップ取得

2. SQL2005 ManagementStudioのインストール
   (SQLデータベースをバックアップするため)

SQLServer2005_SSMSEE.msiの実行


3. SQLデータベースのバックアップ

SQL2005 ManagementStudioを起動
[データベース] - [db_ControlManager] - [タスク] - [バックアップ]

データベース: db_ControlManager
バックアップの種類: 完全
デフォルトのバックアップ先を[削除]して、任意のバックアップ先フォルダを[追加]
 (※フォルダは事前に作成)

[オプション]画面に切り替え、以下を選択
 ● 既存のバックアップセットにバックアップする
  ● 既存のすべてのバックアップセットを上書きする

[OK]


4. TMCM 6.0の上書きインストール

tmcm-60-gm-repack6_r-win-ja-1437.exeの実行


5. IE8のインストール

IE8-WindowsServer2003-x86-JPN.exeの実行


6. TMCM管理コンソールの起動確認

ServerProtect for Linux 3.0のインストール

事前に以下のパッケージがインストールされている必要がある
・ glibc-2.12-1.7.el6.i686
・ zlib-1.2.3-25.el6.i686
・ compat-libstdc++-296-2.96-144.el6.i686
・ libuuid-2.17.2-6.el6.i686
・ nss-softokn-freebl-3.12.7-1.1.el6.i686
・ libgcc-4.4.4-13.el6.i686




◆ WinSCPで、以下のファイルを/tmpにコピー

・ SPLX3_RHEL6.tgz
・ splx_30_lx_en_sp1_patch6.tar.gz



◆ TeraTermで、接続しファイルを解凍

# cd /tmp
# tar zxvf SPLX3_RHEL6.tgz

◆ インストール開始
# ./SProtectLinux-3.0.bin


--------------------------------------------------------------------

パッケージが足りない場合は、以下のようなエラーでインストールが失敗する。

(最初)
==============================================================
Installing ServerProtect for Linux:
Dependency failed:
Please install compat-libstdc++ package
==============================================================

(compat-libstdc++追加後)
==============================================================
Installing ServerProtect for Linux:
Unpacking...
Installing rpm file...
エラー: 依存性の欠如:
libz.so.1 は SProtectLinux-3.0-1353.x86_64 に必要とされています
libuuid.so.1 は SProtectLinux-3.0-1353.x86_64 に必要とされています
==============================================================


必要なパッケージを追加する。

仮想マシンのCDドライブにOSのISOファイルをマウントして、以下のコマンドを実行する。

# mount /dev/cdrom /mnt
# yum --disablerepo=\* --enablerepo=rhel-dvd list | grep compat


今回不足していたパッケージを以下のコマンドで追加する。

# yum --disablerepo=\* --enablerepo=rhel-dvd install compat-libstdc++-296

32ビット版のインストール(後ろに「i686」をつけて)
# yum --disablerepo=\* --enablerepo=rhel-dvd install zlib.i686 libuuid.i686




◆ 再度、インストールの開始

# ./SProtectLinux-3.0.bin
---------------------------------------------------------------------------------------

SPLX version 3.0 Released June 29, 2007

Do you agree to the above license terms? (yes or no)
y
Installing ServerProtect for Linux:
Unpacking...
Installing rpm file...
準備中... ########################################### [100%]
1:SProtectLinux ########################################### [100%]
Do you wish to connect this SPLX server to Trend Micro Control Manager? (y/n) [y] y
SPLX will now collect information in order to complete the Control Manager settings.
Please follow the instructions and enter the required information.
[Note: If the Control Manager Web server requires authentication, you need to set the login information using the "CMconfig -P" command.]
******NETWORK******
===========================================================
List of available IP(s):
eth0 192.168.xx.xx
===========================================================
SPLX server name or IP address:


---------------------------------------------------------------------------------------


Webコンソールに接続
(ファイアウォールが有効になっていると接続できないので、無効にするかポートを開ける)

http://<ホスト名>:14942/
https://<ホスト名>:14943/

[ログイン画面]
デフォルトパスワード:(空白)


※ 最新版Javaのインストールしないと表示できないページがある。


ウィルスバスター Corp 11.0 のインストール

WebサーバとしてデフォルトのApacheではなく、IIS 8.5 を使用する。
IISで必要なコンポーネントについて
http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-jp/1306142.aspx

◇ 事前準備

1. 役割と機能の追加

[サーバの役割の選択]

■ Webサーバー(IIS)
 ※ 必要な機能を追加

[役割サービスの選択]
■ Webサーバー
 ■ HTTP共通機能
  ■ HTTPエラー
  ■ ディレクトリの参照
  ■ 既定のドキュメント
  ■ 静的なコンテンツ
  ■ HTTPリダイレクト

 ■ セキュリティ
  ■ 要求フィルター

 ■ 状態と診断
  ■ HTTPログ
  ■ 要求の監視

 ■ パフォーマンス
  ■ 静的なコンテンツの圧縮

 ■ アプリケーション開発
  ■ CGI
  ■ ISAPIフィルター
  ■ ISAPI拡張

 ■ 管理ツール
  ■ IIS 管理コンソール
  ■ IIS 6 管理互換
   ■ IIS 6 メタベース互換
   ■ IIS 6 WMI互換
   ■ IIS 6 スクリプトツール
   ■ IIS 6 管理コンソール

2. サービスの起動確認

・ World Wide Web Publishing Service
・ Application Host Helper Service
・ Windows Process Activation Service


◇ VB Corp.11.0 のインストール

OSCE.exeの実行

使用許諾契約: 同意します
インストール先: このエンドポイント(コンピュータ)
エンドポイントの事前検索: 対象エンドポイントを検索しない
インストールパス: C:\Program Files (x86)\Trend Micro\OfficeScan
プロキシ設定: □ プロキシサーバを使用する
Webサーバ: IISサーバ  IIS仮想Webサイト
HTTPポート番号: 8080
証明書の有効期限: 3年
SSLポート: 4343
サーバの識別: IPアドレス  192.168.xx.xx
製品のアクティベーション: (必須)
統合Smart Protection Serverのインストール:
 いいえ、スタンドアロンのSmart Protection Serverをすでにインストールしているか、後でインストールする予定です。
ウィルスバスター Corp.クライアントのインストール: ウィルスバスター Corp.クライアントをインストールする
Smart Protection Network: □ Trend Micro スマートフィードバックを有効にする
管理者アカウントのパスワード
 Webコンソールパスワード
  アカウント: root
  パスワード: ***********
 ウィルスバスター Corp.クライアントのアンロード/アンインストールパスワード
  パスワード: ***********
ウィルスバスター Corp.クライアントインストール: $ProgramFiles\Trend Micro\OfficeScan Client
 ポート番号: 25362 (ランダム)
 セキュリティレベル: 高
ウィルスバスター Corp.ファイアウォール: □ ファイアウォールを有効にする
サーバ認証証明書: 新しい認証証明書を生成する
 バックアップパスワード: ***********
  ※ ウィルスバスターCorp.11より実装されたサーバ認証機能
    既に Corp. 11.0 サーバ側で生成された証明書の情報が存在する場合に既存の証明書をインポートする




◇ VB Corp. 11.0 Service Packの適用

1. ウィルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1のインストール

OSCE_11.0_WIN_SP1_(ja).exe

2. ウィルスバスター Corp. 11.0 Service Pack 1 Critical Patch 4665のインストール

OSCE_11.0_WIN_SP1_CP4665_(ja).exe



◇ 管理コンソールへの接続

https://192.168.xx.xx:4343/officescan/default.htm
ユーザ名: root
パスワード: **********



TMCM 6.0 のインストール(Windows)

◇ 事前に役割と機能の追加

役割:
■ Webサーバー(IIS)
 ※必要な機能の追加


機能:
■ .NET Framework 3.5 Features
■ .Net Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0を含む)


■ メッセージキュー
 ■ メッセージキューサービス


Webサーバの役割サービス:
■ Webサーバー
 ■ HTTP共通機能
  ■ HTTPエラー
  ■ ディレクトリの参照
  ■ 既定のドキュメント
  ■ 静的なコンテンツ

 ■ セキュリティ
  ■ 要求フィルター
  ■ Windows認証

 ■ パフォーマンス
  ■ 静的なコンテンツの圧縮

 ■ 状態と診断
  ■ HTTPログ

 ■ アプリケーション開発
  ■ ASP.NET 3.5
※必要な機能の追加


■ 管理ツール
 ■ IIS 管理コンソール
 ■ IIS6 管理互換
  ■ IIS6 メタベース互換
  ■ IIS6 WMI互換
  ■ IIS6 スクリプトツール
  ■ IIS6 管理コンソール


◇ TMCM 6.0のインストール

tmcm-60-gm-repack6_r-win-ja-1437.exeを実行

Visual C++ 2005 SP1パッケージのインストール

使用許諾契約書: はい
今すぐ32ビットモードに切り替えますか?: はい
インストール先フォルダ: C:\Program Files (x86)\Trend Micro
アクティベーションコード: (必須)
□ Trend Micro スマートフィードバックを有効にする
キュリティレベル: 中 - 強固な暗号化
IPアドレス: 192.168.xx.xx
Webサイト: Default Web Site
IPアドレス: 192.168.xx.xx
TCPポート: 80
SSLポート: 443
セキュリティレベル: 中 - HTTPSが主
インストール先の選択: C:\Program Files (x86)\Trend Micro\CmKeyBackup
信するメッセージの送信元: 登録されたエージェントから直接受信
送信メッセージのルート: 登録されたエージェントに直接送信
Control Managerデータベース: Microsoft SQL Expressのインストール
データベース認証: SQL Serverアカウント
ユーザ名: sa
パスワード: ***********
データベース名: db_ControlManager
ルートアカウントの作成:
 ユーザID: root
 パスワード: ***********



◇ 管理コンソールへのログイン

https://(TMCMサーバ)/WebApp/Login.aspx
ユーザ名: root
パスワード: ***********


◇ TMCM 6.0 SP1のインストール

tmcm_60_sp1_win_ja_r1.exe



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。