* Archive * Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PowerShellを用いたADのユーザー登録方法

<入力ファイル>
CSVで以下の形式でファイルを作成

Name => 名前
path => OUの識別名
SamAccountName => ログオン名
AccountPassword => パスワード
Surname => 姓
GivenName => 名
DisplayName => 表示名

CSV例
------------------------------------------------
Name,path,SamAccountName,AccountPassword,Surname,GivenName,DisplayName
"test user1","OU=testOU,DC=test,DC=local","user1","P@ssw0rd","test","user1","test tarou"
"test user2","OU=testOU,DC=test,DC=local","user2","P@ssw0rd","test","user2","test tarou"
------------------------------------------------


<登録コマンド>
以下のコマンドで登録します。

「ユーザーはパスワードを変更できない」は -CannotChangePassword
「パスワードを無期限にする」は -PasswordNeverExpires

Import-Csv | %{New-ADUser -Name $_.Name -Path $_.Path -sAMAccountName $_.sAMAccountName -AccountPassword (ConvertTo-SecureString $_.AccountPassword -AsPlainText -force) -Surname $_.Surname -GivenName $_.GivenName -displayName $_.displayName -
Enabled $true -CannotChangePassword $true -PasswordNeverExpires $true}
※1行です

スポンサーサイト
Windows 10 のユーザープロファイルのカスタマイズ

1.Windows10のインストール、初期セットアップ。

2.Administrator(ローカル)アカウントを有効化。

3.Administratorでログインし、初期セットアップ時に作成したアカウントを削除。

4.Administratorでログインした状態で、プロファイルのカスタマイズを実施。

5.Windows 10のバージョンに合わせたWindows ADKをダウンロードし、デフォルト設定でインストール。
※Windows 10のバージョンは、winverコマンドで確認
Windows ADKをダウンロード元
https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/hardware/windows-assessment-deployment-kit

6.OSのインストールDVD内のファイルをローカルにコピー(コピー先 C:\Win10_DVD)。

7.[スタート] - [Window Kits] - [Windowsシステムイメージマネージャー]を起動。

8.Windowsイメージ欄で「Windowsイメージまたはカタログファイルを指定してください」を右クリックし、「Windows イメージの選択」を選択。

9.C:\Win10_DVD\sources配下の「install.win」を選択し、「カタログファイルを作成しますか?」で「はい」を選択。

※ Windows 10 Home版 / Pro版の場合は、「install.esd」から「install.win」を作成する必要がある。
・install.wimの作成コマンド
dism /export-image /SourceImageFile:install.esd /SourceIndex:1 /DestinationImageFile:install.wim /Compress:max /CheckIntegrity

10.応答ファイル欄で「応答ファイルを作成または開きます」を右クリックし、「新しい応答ファイル」を選択。

11.Windowsイメージ欄で[Components] - [amd64_Microsoft-Windows-Shell-Setup_10.0.xxxxx.x]を右クリックし、「パス4 speclalizeに設定を追加(4)」を選択。

12.応答ファイル欄で、[4 specialize] - [amd64_Microsoft-Windows-Shell-Setup]を選択し、プロパティの設定で「CopyProfile」項目に「true」を選択。

13.Sysprepのリセット可能回数を減らしたくない場合は SkipRearm も設定。
※Windows 10ではリセット可能回数が1001回なので、あまり気にしなくてもいいと思うけど。(slmgr -dlvで確認)
Windowsイメージ欄で[Components] - [amd64_Microsoft-Windows-Security-Spp_10.0.xxxxx.x]を右クリックし、「パス3 generalizeに設定を追加(3)」を選択。
応答ファイル欄で、[3 generalize] - amd64_Microsoft-Windows-Security-Spp]を選択し、プロパティの設定で「SkipRearm」項目に「1」を設定。

14.[ファイル] - [名前を付けて保存]で、外付けUSBドライブやネットワーク上の共有フォルダへ、ファイル名「copyprofile.xml」で保存。

15.今後設定の変更が必要ない場合は、C:\Win10_DVDフォルダの削除とWindows ADKのアンインストール。

16.以下のコマンドで、Sysprepの実行。
C:\Windows\System32\Sysprep\sysprep.exe /oobe /shutdown /generalize /unattend:<保存先ドライブ名>:\copyprofile.xml

Sysprep実行後シャットダウンされるので、起動してユーザープロファイルに設定が反映されていることを確認。

Symfoware自動起動停止設定

RHEL7以降

1. unitファイルを複写します。

# cp /opt/FJSVrdb2b/demo/symfosv.service /usr/lib/systemd/system/symfosv_RDBシステム名.service


2. systemctlコマンドで自動起動停止を有効にします。

# systemctl enable symfosv_RDBシステム名.service

Symfowareデータ移行

■移行元でデータ採取

1) RDB構成パラメタファイルおよび動作環境ファイルの保存
/opt/FJSVrdb2b/etc/RDBシステム名.cfg
/opt/FJSVrdb2b/etc/fssqlenv

2) 全てのDSIのアンロードデータをローカルに採取
OS が変更になる場合や、データベースに格納されるデータの文字
コード系が変更になる場合には、バイナリ形式で取得した外部ファイルは
使用出来ないため、テキストモード(-tオプション)で取得する

DSIデータを1つの外部ファイルに出力する
# rdbunl -i [DB名].[DSI名] -t /var/tmp/DSIzaiko.TXT
# rdbunl -i RDBDB.在庫表DSI -t /var/tmp/DSIzaiko.TXT

リストア先にコピー
# cd /var/tmp/
# scp DSIzaiko.TXT root@192.168.1.xx:/var/tmp

3) データベースの定義ファイルの保存
(データベース作成時のrdbddlexコマンドの入力ファイル)
注)データベースの定義ファイルをバックアップしていない場合は、
rdbprtコマンドで現状の定義を出力して、この情報を元にDDL文を作成

# echo "DB" | rdbprt -m DEF -d [DB名] -f - > /var/tmp/rdbprt.txt
# echo "DB" | rdbprt -m DEF -d RDBDB -f - > /var/tmp/rdbprt.txt


■移行先にリストア

1) RDB構成パラメタファイルおよび動作環境ファイルのリストア
/opt/FJSVrdb2b/etc/RDBシステム名.cfg
/opt/FJSVrdb2b/etc/fssqlenv

2) Symfoware Server環境の構築
ログファイル作成、RDBディクショナリ作成など、Symfoware Serverを起動できる状態にする

Symfowareの起動確認
# rdbps
起動していない場合はサービスを起動
# rdbstart

3) rdbddlexコマンドでデータベーススペース、スキーマ、DSO、DSI、テーブルを定義
- CREATE DATABASE文
- CREATE DBSPACE文
- CREATE SCHEMA文
- CREATE TABLE文
- CREATE DSO文
- CREATE DSI文

データベースの作成
# rdbddlex -d RDBDB /var/tmp/ddl.dat

データベースの定義文
# vi /var/tmp/ddl.dat

-- データベース定義 データベース名は“RDBDB”
CREATE DATABASE RDBDB;
-- データベーススペース定義 データベーススペース名は“DBSPACE1”
CREATE DBSPACE DBSPACE1 ALLOCATE RAWDEVICE /dev_symfoware/raw4;
-- スキーマを定義 スキーマ名は“STOCKS”
CREATE SCHEMA STOCKS
-- 在庫製品の管理表を定義
CREATE TABLE 在庫表 ( 製品番号 SMALLINT NOT NULL,
製品名 NATIONAL CHARACTER(10) NOT NULL,
在庫数量 INTEGER,
倉庫番号 SMALLINT,
PRIMARY KEY (製品番号)
)
CREATE VIEW 大量在庫表(品番,数量)
AS SELECT 製品番号, 在庫数量 FROM STOCKS.在庫表
WHERE 在庫数量 >= 50
-- 発注製品の管理表を定義
CREATE TABLE 発注表 ( 取引先 SMALLINT NOT NULL,
取引製品 SMALLINT NOT NULL,
仕入価格 INTEGER,
発注数量 SMALLINT,
PRIMARY KEY (取引先,取引製品)
)
CREATE VIEW 大量発注表(取引製品, 仕入価格)
AS SELECT 取引製品, 仕入価格 FROM STOCKS.発注表
WHERE 発注数量 >= 100
-- 取引会社の管理表を定義
CREATE TABLE 会社表 ( 会社番号 SMALLINT NOT NULL,
会社名 NATIONAL CHARACTER(10) NOT NULL,
電話番号 CHARACTER(14),
住所 NATIONAL CHARACTER(20),
PRIMARY KEY (会社番号)
)
CREATE VIEW 会社表1 AS SELECT 会社番号,会社名 FROM STOCKS.会社表;

-- 在庫表の格納構造定義
CREATE DSO 在庫表DSO -- 在庫表のDSO
FROM STOCKS.在庫表
TYPE SEQUENTIAL(PAGESIZE(4),ORDER(1));
CREATE DSI 在庫表DSI -- 在庫表のDSI
DSO 在庫表DSO
ALLOCATE DATA ON DBSPACE1 SIZE 280K;
-- 在庫表の製品番号にインデックスを作成
CREATE DSO 製品番号IXDSO -- インデックスのDSO
INDEX ON STOCKS.在庫表 (製品番号)
TYPE BTREE ( PAGESIZE1(16),PAGESIZE2(1), REALIGNMENT) BY ADDRESS;
CREATE DSI 製品番号IXDSI -- インデックスのDSI
INDEX
DSO 製品番号IXDSO
ALLOCATE BASE ON DBSPACE1 SIZE 200K,
INDEX ON DBSPACE1 SIZE 40K;
-- 発注表の格納構造定義
CREATE DSO 発注表DSO -- 発注表のDSO
FROM STOCKS.発注表
TYPE SEQUENTIAL(PAGESIZE(4),ORDER(1))
WHERE (取引先) BETWEEN (?) AND (?); -- 取引先の番号別に
-- データ分割配置
CREATE DSI 関東発注表DSI -- 関東に所在の会社用の
DSO 発注表DSO -- 発注表のDSI
USING (60,69) -- 60番台は関東所在の会社

ALLOCATE DATA ON DBSPACE1 SIZE 280K;
CREATE DSI 関西発注表DSI -- 関西に所在の会社用の
DSO 発注表DSO -- 発注表のDSI
USING (70,79) -- 70番台は関西所在の会社

ALLOCATE DATA ON DBSPACE1 SIZE 280K;
-- 発注表の取引先および取引製品にインデックスを作成
CREATE DSO 取引IXDSO -- インデックスのDSO
INDEX ON STOCKS.発注表 (取引先,取引製品)
TYPE BTREE ( PAGESIZE1(16),PAGESIZE2(1), REALIGNMENT) BY ADDRESS;
CREATE DSI 関東取引IXDSI -- インデックスのDSI
INDEX
DSO 取引IXDSO
BASE 関東発注表DSI
ALLOCATE BASE ON DBSPACE1 SIZE 200K,
INDEX ON DBSPACE1 SIZE 40K;
CREATE DSI 関西取引IXDSI -- インデックスのDSI
INDEX
DSO 取引IXDSO
BASE 関西発注表DSI
ALLOCATE BASE ON DBSPACE1 SIZE 200K,
INDEX ON DBSPACE1 SIZE 40K;
-- 会社表の格納構造定義
CREATE DSO 会社表DSO -- 会社表のDSO
FROM STOCKS.会社表
TYPE SEQUENTIAL(PAGESIZE(4),ORDER(1));
CREATE DSI 会社表DSI -- 会社表のDSI
DSO 会社表DSO
ALLOCATE DATA ON DBSPACE1 SIZE 280K;
-- 会社表の会社番号にインデックスを作成
CREATE DSO 会社番号IXDSO -- インデックスのDSO
INDEX ON STOCKS.会社表 (会社番号)
TYPE BTREE ( PAGESIZE1(16),PAGESIZE2(1), REALIGNMENT) BY ADDRESS;
CREATE DSI 会社番号IXDSI -- インデックスのDSI
INDEX
DSO 会社番号IXDSO
ALLOCATE BASE ON DBSPACE1 SIZE 200K,
INDEX ON DBSPACE1 SIZE 40K;


4) 全てのDSIのデータをrdbsloaderコマンドでロード
rdbsloaderコマンドに指定するオプションは、rdbunlコマンド取得時と同じにする

# rdbsloader -mi -i RDBDB.在庫表DSI -s /SFW/work -t /var/tmp/DSIzaiko.TXT

Symfoware環境設定


■環境変数設定

vi /etc/bashrc
(以下追記)
LANG=ja_JP.UTF-8 ; export LANG
PATH=/opt/FJSVrdb2b/bin:$PATH ; export PATH
LD_LIBRARY_PATH=/opt/FJSVrdb2b/lib:$LD_LIBRARY_PATH ; export LD_LIBRARY_PATH
RDBNAME=APPDB ; export RDBNAME
MANPATH=/opt/FJSVrdb2b/man:$MANPATH ; export MANPATH


■RDB構成パラメタ設定

# cd /opt/FJSVrdb2b/etc
# cp RDBSYS.cfg APPDB.cfg
# vi APPDB.cfg

RDBDIRSPACE1=/SFW/rdbdir
RDBDIRSPACE2=/SFW/rdbdir
RDBLOG=512, 512
RDBCORE=/SFW/core
RDBEXTMEM=13208
RDBCNTNUM=712
RDBPRJCODE=0xdb
RDBSYSBUF=/opt/FJSVrdb2b/etc
RDBSQLENV=/opt/FJSVrdb2b/etc/fssqlenv
RDBLOGMANAGE=/dev_symfoware/raw1
RDBSYSTEMID=1
RDBREPORT=/SFW/core
RDBPM=/SFW/rdbpm

フォルダ作成
# mkdir -p /SFW/core
# mkdir -p /SFW/rdbpm
# mkdir -p /SFW/rdbdir
# mkdir -p /SFW/rdbpm
# mkdir -p /SFW/work

■ログ管理ファイルの作成
# rdblog -I

■テンポラリログファイルの作成
# rdblog -G -t /dev_symfoware/raw1 /dev_symfoware/raw3 /dev_symfoware/raw3 30M 30M 20
# rdbcrdic -r /dev_symfoware/raw2 -a 60M -du 5M


■アーカイブログファイルの作成
# rdblog -G -a /dev_symfoware/raw5 30M

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。